創ゾウ人〜世界を視る、地球で感じる〜

毛虫が大発生ーーこれも地球の変動か?

2020年07月2日

  今住んでいる八ヶ岳南麓エリアで毛虫が大発生しています。 その種類もいくつかあり、6月あたりから顕著になっている。庭先や道端に樹木が多いですから、うっかりしていると目の前に・・なんてことに。家の壁にもたくさん這っているんです。 日当たりのいいところに育つ樹木の葉っぱは食べ尽くされ、2階まであるほどの木でも丸裸にされ。   昆虫の大発生というと、アフリカやインドでバッ...

続きを読む

地殻が変動しているのです

2020年06月12日

  気候変動が大きく取り上げられています。経済も政治も、そして私たちの生活もこの影響を受けて諸々の被害を受けていることは明らか。   ですが変動しているのは気候だけでなく、地球の地殻そのものです。さらにいうと宇宙全体が大きく変動しているのです。 地震は頻繁に起こるし、噴火だって世界のあちこちで報告されていますね。そして東京直下型地震のシミュレーションが「パラレルワールド...

続きを読む

病気は生き方を考え直す機会

2020年05月19日

  仕事をやめようと思うようになったいきさつは、2年前にがん手術をしたことから続いています。手術の直後は思った以上に健康が快復したために安堵感や感謝の気持ちが大きく、むしろ仕事を続け「がんでも働ける」ことを示すことが大事だ、と思ってました。   2018年8月のブログ的レポートでは、こんな風に書いてました。 「・・・今回の一連の経緯から自分は「生かされているな」と感じる...

続きを読む

疫病から原点に立ち返る

2020年05月11日

  新型コロナウイルスに対して、これを抑え込んでしまおうとするのでなく、人間社会の原点を見直す機会だと捉えていきたいです。   ちょうど手にした今月の宗像大社の機関誌には、 「疫病の祭りを子細に見ていくと、日本人は疫病と対立するのではなく、疫病を鎮めることによって、自然との関わりをはじめ、何故こうなったのかを自問自答するなど、極めて謙虚な姿勢であることがわかる。・・・今...

続きを読む

そもそもの存在: 科学者も神に行き着く

2020年05月8日

  筑波大学名誉教授の村上和雄先生は著名な分子生物学者で、遺伝子工学に注力されてきた方です。その科学の最前線にいる先生が、 「人間にはまだわからない『未知の何者か』が遺伝子をコントロールしているとしか思えません。例えて言えば神や仏と呼ぶ存在かもしれないし、大自然の摂理といったものかも知れません」 といい、その存在を『サムシング・グレート』と名づけています。   科学の...

続きを読む
サステナビリティ経営ネットワーク

サステナビリティ倶楽部レポート

CSRを企業戦略として提唱している、海野みづえ(創コンサルティング代表)が発行するメールマガジンです。地球と社会が大きく変動しているなかで、経済や経営をどう持続可能にしていくかを考えレポートしていきます。購読は無料です。配信は月1回を予定しています。