掲載記事

「ステークホルダーとの協働を事業に活かす」

2019年02月掲載

NBL 1138(2019.1.15)号 (商事法務発行)に下記記事が掲載されました。

「ステークホルダー経営のエンジン――経営層・実務家に必要な思考法(第4回)ステークホルダーとの協働を事業に活かす」

「ミャンマーに持続可能な経済発展を」

2017年03月掲載

経営倫理 No.85(2017年1月25日発行)の「世界の企業倫理」に下記記事が掲載されました。

 

「ミャンマーに持続可能な発展を

Economic Policy and Sustainable Development in Myanmar」

PDF

 

「ステークホルダーとの恊働を事業に活かす」

2016年09月掲載

リスクと機会の両面からみたステークホルダーとの恊働モデルを提案し、それぞれについて新興国市場での事例を盛り込んで解説しています。

 

・日本貿易会 月報  2016年9月号     pdf

「『責任あるサプライチェーン』に関する各国の法令の最新動向」

2016年07月掲載

サプライチェーンに関する欧米の諸規制に関する論文に、海野みづえがコメントしています。

 「『責任あるサプライチェーン』に関する各国の法令の最新動向」

  執筆者: 蔵元左近(弁護士・ニューヨーク州弁護士)

 ‐(上)NBL (New Business Law) No. 1073 (2016.5.1) PDF

    英国「現代の奴隷制法2015」

 ‐(下)NBL (New Business Law) No. 1075 (2016.6.1) PDF

    カリフォルニア州サプライチェーン透明法ほか米国の関連法令

「ステークホルダーとの協働を事業に活かす」

2016年03月掲載

『経営倫理』 81号(2016年1月25日発行)の「特集: ステークホルダー:ダイアログと経営倫理」に掲載されました。

PDFダウンロード

サステナビリティ経営ネットワーク
Emerging Myanmar Now!バナー
海野みづえが語るミャンマーの最新動向 (Powered by 長田広告)

サステナビリティ倶楽部レポート

CSRを企業戦略として提唱している、海野みづえ(創コンサルティング代表)が発行するメールマガジンです。地球と社会が大きく変動しているなかで、経済や経営をどう持続可能にしていくかを考えレポートしていきます。購読は無料です。配信は月1回を予定しています。