Interdisciplinary<br>International<br>Interactive Interdisciplinary<br>International<br>Interactive

サステナビリティ倶楽部レポート全ての記事を見る

[第84号] アクティブ・ファンドマネージャーとの対...

2018年07月30日

  ●パッシブ(インデックス)運用vsアクティブ運用 前号の「ESG投資が本格的に広がるために」で、価値協創ガイダンスをうまく使って自社の説明をしていくことをお勧めした。そのあとにこのガイダンスを出している経済産業省から「アクティブ・ファンドマネージャー分科会報告書」が発表された。ということで、今号は前回の続編。 この分科会は、現在の投資界がインデックスに連動した「パッシブ運用」が...

続きを読む

[第83号] ESG投資が本格的に広がるために

2018年07月2日

  ●ESGは投資家が扱うサステナビリティ要因 投資コミュニティにESGの考えが浸透することには賛同で、大いに広がってほしい。 ところが今は聞き心地の良さでブームになっており、ESG要素を若干スパイスとして振りかけただけの投資も含まれて、概念の方が先行しているようだ。具体的にESGの何がどう会社に及ぼしているのか、社会の特定要素と財務との関連はどう説明できるのか、といった話にまで進...

続きを読む

創ゾウ人 〜世界を視る、地球で感じる〜全ての記事を見る

大国の狭間で: バルト三国

2017年08月10日

  今年の夏休みは、バルト三国を訪問してきました。エストニア、ラトビア、リトアニアの国々です。   日本からでは、ヨーロッパの北部、バルト海沿岸の国々・・・というくらいしか知らない人が多いでしょう。私もその程度の知識でした。ドイツに住む友人から、「ロシアの動きで、この地域これからどうなるかわからないから行ける時に行っておこう」と誘われて即決。   東はロシア...

続きを読む

ガバナンス機能の中核に

2017年06月30日

昨日の株主総会で、大王製紙の社外取締役に就任しました。 以前、ブラザー工業で社外取締役を経験しており今回は二度目です。   この会社名を聞くと誰もが「あの会社ね」と思いますよね。私も最初この話があった時にええっ・・と構えました。 しかしこのことをきっかけに、社内で創業家の支配を一掃すべく事が進み、失った信頼回復と主力の業務の立て直しに注力。5年たった今は製紙業界のなかでも消費市場...

続きを読む
サステナビリティ経営ネットワーク
Emerging Myanmar Now!バナー
海野みづえが語るミャンマーの最新動向 (Powered by 長田広告)

サステナビリティ倶楽部レポートメールマガジン

CSRを企業戦略として提唱している、海野みづえ(創コンサルティング代表)が発行するメールマガジンです。地球と社会が大きく変動しているなかで、経済や経営をどう持続可能にしていくかを考えレポートしていきます。購読は無料です。配信は月1回を予定しています。