サステナビリティ倶楽部レポート

第4号「現場NGOの活動と企業の役割」

2011年05月10日

●ひとまとめの金銭的救援から顔の見える個別支援に 震災への救援として、とりあえず「わが社も○○円拠出」とある程度の金額を寄付する。その拠出先の多くが日赤への義捐金やジャパンプラットフォームへの支援金なのだが、こうした大口でまとめた窓口では、自分たちのお金が一体どう使われたのかよくわからない。受け取った方も、お金はありがたいけれどいろいろな会社が出していて、誰がどういう思いなのかは伝わらない。...

続きを読む

第3号「この危機をどう捉え、どう踏み出すか」

2011年03月30日

●地球が大きく変動している 今年の年頭のあいさつで、下記のように書いた。「急速に政治・経済が多極化しているグローバル社会のなかで、2011年は人間界、自然界ともに地球の変動がより激しくなりそうです。世界のあちこちの社会課題に対して、それぞれの価値観や行動様式を取り込みながら、地球規模で解決に取り組むダイナミズムが必要になっているのです。」地球に大きな変動が起こるという兆し、そのつもりになれば...

続きを読む

第2号「曲がり角のマイクロファイナンス」

2011年02月18日

●高利貸しにあえぐ貧しい女性たち マイクロファイナンスは貧困を救う有効な方法として、世界中に広がっている。これによって、生活がよくなり精神的にも自立した女性は多い。しかし残念ながら、いいことばかりではなくなっている。昨年インドでマイクロファイナンスの借り手に自殺が相次ぎ、大きな問題になっている。自殺まで至らずとも、返済ができなくて債権回収業者からハラスメントを受けた被害も続出だ。 http...

続きを読む

第1号「成長なき繁栄」

2011年02月1日

●イギリス発の新しい経済学 イギリスの経済学者ティム・ジャクソン氏の「成長なき繁栄(Prosperity without growth: Economics for a Finite Planet)」を読んだのだが、今私たちが直面している問題について実にわかりやすく歪みを解説し、目指す方向を提案している。それが学者の論文口調でなく、何故行動しなければいけないか語りかけるようで、何とかしていこ...

続きを読む
サステナビリティ経営ネットワーク
Emerging Myanmar Now!バナー
海野みづえが語るミャンマーの最新動向 (Powered by 長田広告)

サステナビリティ倶楽部レポート

CSRを企業戦略として提唱している、海野みづえ(創コンサルティング代表)が発行するメールマガジンです。地球と社会が大きく変動しているなかで、経済や経営をどう持続可能にしていくかを考えレポートしていきます。購読は無料です。配信は月1回を予定しています。