サステナビリティ倶楽部レポート

[第47号 攻めのガバナンスとしてのステークホルダーとの協働]

2015年03月20日

  ROEに結びつくCSR活動を 先日「コーポレートガバナンス・コード」(金融庁・東京証券取引所)が発表され、上場企業の行動基準が示された。会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上のために、株主に対する受託者責任だけでなくステークホルダーに対する責務が盛り込まれている。コーポレートガバナンスの観点から「ステークホルダーとの適切な協働に努めるべき」と明示されたことは重...

続きを読む

第46号 「世界の水資源リスク」

2015年02月24日

●水リスクは経営リスク世界をみていると水資源への関心が高まっているが、日本ではたくさん雨が降るのでなかなか実感がわかない。ビジネスは世界につながっており、水問題も他人事ではないのだが。 ということで、先日の研究会テーマは「水資源リスク」の現状を取り上げた。まず「CDPウォーター」について、日本事務局に説明してもらう。CDP(Carbon Disclosure Project)では、CO2情報...

続きを読む

第45号 サプライヤー監査では改善策にならない

2015年01月22日

  ●労働NGOによる中国の実態指摘 ユニクロの中国サプライヤーの労働状況をNGOが実態調査し、これを先週日本で発表、主要メディアが報道して話題になっている。 調査を行ったのは香港の労働NGOのSACOM(Students and Scholars Against Corporate Misbehaviour)で、日本の人権NGOであるHRN(Human Rights Now)と共同して...

続きを読む

第44号 「国連ビジネスと人権フォーラム2014」

2014年12月26日

ビジネスと人権の世界は、国連指導原則をベースとして年々展開している。その動向を知ることができるのが、国連ジュネーブ本部で開催される「ビジネスと人権フォーラム」だ。今年も12月1~3日に第3回が開かれ、参加してきた。   誰でも参加できるこの会合は毎回参加者が増え、今年は2000人の登録があった。マルチステークホルダーの構成で、様々なテーマのセッションが同時に行われており、私は企業...

続きを読む

第43号 「新興国ビジネスと人権リスク」

2014年12月9日

  企業が取り組むべき人権対応について、これまでの成果をまとめたものが「新興国ビジネスと人権リスク」(現代人文社)として出版された。   今回の書は、本レポートの第28号で紹介した委託調査の成果をもとに編集し直したもので、このなかから16社の企業事例を紹介しながら主要な人権課題を整理している。また国連による指導原則についても説明を加え、全文を掲載した。加筆部分は、実際...

続きを読む
サステナビリティ経営ネットワーク
Emerging Myanmar Now!バナー
海野みづえが語るミャンマーの最新動向 (Powered by 長田広告)

サステナビリティ倶楽部レポート

CSRを企業戦略として提唱している、海野みづえ(創コンサルティング代表)が発行するメールマガジンです。地球と社会が大きく変動しているなかで、経済や経営をどう持続可能にしていくかを考えレポートしていきます。購読は無料です。配信は月1回を予定しています。