アーカイブ

「責任投資とCSRの新たな潮流」 〜ESGでのマテリアリティ〜

2008年06月発表

PDFダウンロード

昨今のグローバルCSRの主眼は、「ステークホルダーの意思決定や自社の企業戦略に重大な影響を及ぼす社会・環境の要因を評価して、自社に特有の課題を絞り込む」というマテリアリティの考え方に移っています。一方投資家においては、ESG(環境、社会、ガバナンス)要因が企業業績に与える影響を説明できるマテリアルな個別の財務外要因をどう特定し評価するか、というチャレンジに向き合いはじめています。

このように、企業と機関投資家の接点は「企業価値」であり、そのための手段として共通のアプローチがマテリアリティであるといえるでしょう。

そこで創コンサルティングでは、企業と機関投資家の参加による「マテリアリティ研究会」を開催してまいりました。本報告書は、責任投資とCSRの最新の動きをまとめたものです。

サステナビリティ経営ネットワーク

サステナビリティ倶楽部レポート

CSRを企業戦略として提唱している、海野みづえ(創コンサルティング代表)が発行するメールマガジンです。地球と社会が大きく変動しているなかで、経済や経営をどう持続可能にしていくかを考えレポートしていきます。購読は無料です。配信は月1回を予定しています。