サステナビリティでビジネスの変革を迫る

サステナビリティでビジネスの変革を迫る

世界中でサステナビリティ課題(環境、社会問題)が顕著になり、これまでの生活を続けていくことが脅かされています。SDGsはこうした地球上の問題の解決に向けて、全セクターが取り組むことを合意した枠組みです。そしてSDGsの目指す本質は、一つ一つの課題改善だけでなく、「社会を変革していく」ことです。

Business as usual is no longer an option

これに向けて、企業自身も「今までのやり方」を問いただし変革に適応していくことが求められています。サステナビリティとは「社会にいいことをする」の域から大きく進展し、今ではビジネスの存続に及ぼす重要な要因になっているのです。

“社会”の捉え方も、コミュニティというよりも“市場”という要素が強くなり、事業においては世の中の変革を見据えサステナビリティを取り込んだモデルへとチャレンジしていく、長期経営戦略が必要になります。自社の将来の事業を左右する社会・市場要因を踏まえ、不確実な今後の環境を想定しながら自社のビジネスをデザインすることです。

「社会を変えていくビジネスモデルのイノベーションに迫られている」ことを認識していくことが、企業の今後の存続にかかっているといえます。

サステナビリティ経営ネットワーク

サステナビリティ倶楽部レポート

CSRを企業戦略として提唱している、海野みづえ(創コンサルティング代表)が発行するメールマガジンです。地球と社会が大きく変動しているなかで、経済や経営をどう持続可能にしていくかを考えレポートしていきます。購読は無料です。配信は月1回を予定しています。