お知らせ

サステナビリティ経営ネットワーク 開催のご案内

2012年03月27日
主旨

東日本大震災や大規模な自然災害もきっかけとなり、これまでのビジネスモデルの再考を迫られています。グローバルで事業を展開していくうえ で、環境・社会要素といったサステナビリティ要因を事業戦略やビジネスモデルに組み込んでいくことが、今後の企業の持続的な成長のうえで重要になってお り、企業価値を高める戦略的CSRがカギになります。社会と企業が結束する「共創」型のビジネスモデルに、世界の関心が向けられているのです。
創コンサルティングの「サステナビリティ経営ネットワーク」は、戦略的CSRとサステナビリティ経営のさらなる展開をめざした研究会です。どうぞご参加ください。

特徴
  • CSR/サステナビリティの海外の動きを、日本企業の皆さんにわかるように解説します。
  • CSR/サステナビリティを戦略に組み込むことで、企業価値を高める道筋を考えます。
  • メンバー企業にも積極的に参加していただき、学ぶだけでなく実践にポイントを置きます。
  • 毎回テーマに最適のゲスト・スピーカー(メンバー含む)を招きディスカッションします。
内容・プログラム
  • タイムスケジュール: 14:00〜14:30 国内外トピックの解説(海野みづえ)
                  14:30〜17:00 ゲスト・スピーカーによる講演
                              質疑応答、メンバーによる討議
                  17:00〜17:30 CSR報告書へのフィードバック   〔全3.5時間〕

[プログラム]

会期 テーマ 内容の例
第1回
2012年5月17日(木)
最近のサステナビリティ動向のレビュー
研究会の進め方の全体討議
・世界のサステナビリティの動き
・今後の運営についての意見交換
・各社の現状紹介
第2回
2012年6月7日(木)
人権 ・ラギーフレームの解釈
・日本企業が留意すべきポイント 他
第3回
2012年8月下旬
Sustainable Developmentの世界動向
〜Rio+20を終えて〜
・Rio+20会議の報告
・日本企業の取り組み 他
第4回
2012年10月上旬
ISO26000の活用 ・社内推進としての活用例
・グローバルCSRの理解 他
第5回
2012年12月上旬
非財務情報の開示とレポーティング ・グローバルのトレンド
・統合型レポートの事例 他
第6回
2013年1月中旬
アジアのCSR ・ステークホルダーエンゲージメント
・サプライチェーンでのリスク 他
第7回
2013年3月中旬
グローバルでのCSR推進 ・推進の体制
・海外企業の推進事例 他
  • テーマおよび進行については、変更することがあります。
取り上げる国内外トピックの候補
  • 中国のCSR
  • 投資コミュニティのESG動向
  • 海外での戦略的コミュニティ活動 など
2011年度参加企業(17社)

アサヒビール/味の素/アンリツ/キヤノンマーケティングジャパン/サントリー/住友金属鉱山/住友商事/
積水化学工業/TDK/帝人/TOTO/トヨタ自動車/日清製粉グループ本社/日本電気/ハウス食品/
日立製作所/ブリヂストン

実施要領
  • 主催および事務局: 株式会社創コンサルティング
  • 参加費用: 1社あたり21万円(2名まで参加可、税込み)
  • 会場は、参加企業に後ほどご連絡いたします。
お申し込み受付、お問い合わせ

株式会社創コンサルティング 田中 裕子
FAX: 0422-27-1247  E-mail: tanaka_y@sotech.co.jp

サステナビリティ経営ネットワーク

サステナビリティ倶楽部レポート

CSRを企業戦略として提唱している、海野みづえ(創コンサルティング代表)が発行するメールマガジンです。地球と社会が大きく変動しているなかで、経済や経営をどう持続可能にしていくかを考えレポートしていきます。購読は無料です。配信は月1回を予定しています。