創ゾウ人〜世界を視る、地球で感じる〜

「ボヘミアン・ラプソディ」 ワタシの見どころ

2019年02月24日

 

子供の頃は母親から歌謡曲やコミック漫画を禁止されており、そのテの世の流行りモノから遠ざけられていました。だからロックなんてとんでもない。育った環境がそうだったので、「うちはそういうものだ」と、周りと違っていても素直に受け入れていていたもの。

 

クイーンが来日してコンサートのことが話題になったのは中学生の時。友達はこれで沸き立っていたけれど、ワタシはそんなわけで全く興味がなかった。でも友人にファンがいて、「キラークイーン」を勧められて聴いたことはよく覚えている。

 

なので、「ボヘミアン・ラプソディ」が上映されてこれまた人気だということも、「ふぅ〜ん、まあね」くらいだったのです。ロック好きの昔の世代が、あの頃を懐かしんでエキサイティングに再現したいのだろう。映画館でお金出して観に行くほどでないな。

といってちょっとは気になっていたので、先日タイに行く国際線でやっていたため、これはちょうどいいと、観ることにした。

 

まぁまぁそんなもんだ、と軽く観ながら進んでいったところ、最後の方の場面で釘づけになってしまった。フレディがエイズだということを仲間に打ち明けるシーン。

 

 「残念だが・・、何もいわないでくれ。」

 「このことで怒ったり眉をひそめたり、同情などしないで欲しい。」

 「残された時間で音楽を作る。それが俺の望みだ。何者かは俺が決める。俺が生まれた理由はそれだ。」

そんな内容だった。そして画面はLIVE AIDのコンサートに移る。

 

生きている間に自分がやるべきことをやり尽くすことだけを考えよう。

そんなメッセージだ。これは死を意識して自分の命が長くないと悟った人間だから出る言葉だ。昨年子宮ガンで手術した時、私も同じようなことを考えた。そして

 「やることがある限り生かされる」

と身をもって感じたものだ。

 

フレディのこのシーンで、自分の経験が思い起こされた。そこからこの映画が自分のものになってしまった。最後のコンサートも、映画では「死を意識したオトコが精一杯パフォーマンスする」といったつくりの演出がされていているし。・・・やられた。

じわじわと涙してしまって、周りにもわかったらしい。乗務員が「どうぞ」とおしぼりをもってきてくれた・・。

 

 

サステナビリティ経営ネットワーク
Emerging Myanmar Now!バナー
海野みづえが語るミャンマーの最新動向 (Powered by 長田広告)

サステナビリティ倶楽部レポート

CSRを企業戦略として提唱している、海野みづえ(創コンサルティング代表)が発行するメールマガジンです。地球と社会が大きく変動しているなかで、経済や経営をどう持続可能にしていくかを考えレポートしていきます。購読は無料です。配信は月1回を予定しています。