創ゾウ人〜世界を視る、地球で感じる〜

坂の上は霧の中

2009年12月11日

元東大総長の小宮山宏先生は、日本のことを「課題先進国」といっています。日本がこれまでとってきた欧米キャッチアップ型は、「坂の上の雲」を追いかけていったいわば途上国モデル。いざ先進国になって雲の中に入ってみると、遠くから見えた雲が実は霧。つまり、先進国モデルは「霧の中」で問題だらけというわけです。しかしこれを暗〜い表情でいうのではなく、とっても明るく前向きなんですね。課題がたくさんある日本こそ、...

続きを読む

いつでもどこでも太陽光発電

2009年11月24日

先日、八ヶ岳の中腹の山小屋でソーラーパネルを設置しているのを見かけました。いまや太陽光発電は珍しくないですが、「山小屋で」というのがポイントです。ソーラー発電、風力発電、バイオマス・・・。どれも化石燃料の代替エネルギーとしてクリーンであることから、地球温暖化対策として重要な手段です。しかしこうした再生可能エネルギーは、エコだけの意味じゃないんですね。自然界で今まで使われていなかったどこにでもあ...

続きを読む

日本の原風景

2009年11月8日

原風景というと、私が思い浮かべるのは里山と農村です。山があって川があってそして田圃や畑がある、という風景が一番落ち着きますね。私自身は東京の育ちなので自分のふるさとというわけじゃないのに、どうも懐かしいという思いが。私が育った郊外でも子供のころは空き地がたくさんあって、雑草が生い茂ってましたから、その一部を田舎風景につなげているのでしょう。今の季節は、里山の紅葉ですね。都内でみる街路樹の黄葉も...

続きを読む

JALのゆくえ

2009年10月8日

日本航空の経営再建問題。ここまでひどくなる前に対策ができなかったのか…誰もがそう思います。同社をモデルにした小説「沈まぬ太陽」(山崎豊子著)では、腐敗した経営陣のことが書かれています。個人的には、日航に関心をもってというよりもアフリカを舞台にしたビジネス小説を読もうという軽い気持ちで読み始めたのですが・・。小説なのでフィクションではありますが、全く架空のことを書くわけがありません。入念な取材や...

続きを読む

水の威力

2009年09月18日

毎日使っている電気が一体どうやってつくられているのか、よく知らないでエネルギーの話をしています。そこでこのたび水力発電所を見学してきました。水力発電はダムで堰き止めた水が落ちる力を利用して電気を起こすという簡単な原理です。とわかっているものの、発電所の中枢がどんな構造なのかを見るのは初めてです。ダムというと人造湖の端からドドッと勢いよく水が流れ落ちる光景を想像していましたが、今回私たちが行った...

続きを読む
1234
サステナビリティ経営ネットワーク2016
ミャンマー経営研究会
Emerging Myanmar Now!バナー
海野みづえが語るミャンマーの最新動向 (Powered by 長田広告)

サステナビリティ倶楽部レポートメールマガジン

CSRを企業戦略として提唱している、海野みづえ(創コンサルティング代表)が発行するメールマガジンです。地球と社会が大きく変動しているなかで、経済や経営をどう持続可能にしていくかを考えレポートしていきます。購読は無料です。配信は月1回を予定しています。