創ゾウ人〜世界を視る、地球で感じる〜

エネルギー満々の箱根駅伝

2019年01月3日

 

お正月のイベントはやっぱりこれ。

今年も2日間で色々とハプニングやドラマがありましたね。

スタート早々に転んでしまった選手。期待されながらも思うように走れずに涙を飲む有力候補。一方そんな他大学の失速の隙間を縫って初優勝に輝いて沸き立つ大学メンバー・・・。

 

私もかなり昔、箱根に泊まって沿道から観戦、応援したことがあります。その頃はラジオを聞いて、「もう直ぐ来るぞ!」と皆で言い合いながらワクワク待ったもの。

さあやって来ると、その彼らの速いこと。さぁ〜っと目の前を駆け抜けて行く。

テレビで見ているとそれほど速度感がわからないですが、その場で肉眼で見ると迫力満点ですよ。応援に参加する気持ちがわかります。

 

彼らの走りを見ていると、後ろに蹴り上げた足のかかとがランニングパンツのお尻のところまで届いていますね。後ろが上がるということは、前に出る脚もかなり上がっていて、一歩がかなり大きく出る。

この走り方に刺激され、一度自分でもかかとを上げてみたけれどとても力が及ばずそこまでできなかったです。難なく歩幅を広げている選手は、さすがに鍛え上げている賜物なんですよ。

さらに「脚の根元ではなくて胸のあたりから前足がせりだすようだ」とインタビューに答えていた選手がいて、これはもう全身が前に推進する筋肉質に鍛えられているからこそ出て来る実感なんだろうと思えてきました。

勝っても負けても、見る側に清々しさとエネルギーをもらえるいいレースです。

 

サステナビリティ経営ネットワーク
Emerging Myanmar Now!バナー
海野みづえが語るミャンマーの最新動向 (Powered by 長田広告)

サステナビリティ倶楽部レポート

CSRを企業戦略として提唱している、海野みづえ(創コンサルティング代表)が発行するメールマガジンです。地球と社会が大きく変動しているなかで、経済や経営をどう持続可能にしていくかを考えレポートしていきます。購読は無料です。配信は月1回を予定しています。