サステナビリティ倶楽部レポート

[第75号] サプライチェーン対策のアップグレード: CSR調...

2017年09月26日

  10年間の進展は? 2006年に「グローバルCSR調達 —サプライチェーンマネジメントと企業の社会的責任」を経済産業省の藤井敏彦さんとの共著で上梓した。それから10年余り経った今日、オリンピックの持続可能性調達コードの導入やISO20400の発行など、サプライチェーンでの対応をもとめる枠組みがさらにできており、必要度合いは増している。   一方で、日本企業...

続きを読む

[第74号] 新世代の証券アナリストに必須の非財務情報分析力

2017年08月18日

  ●証券アナリストのビジネスモデルが大きく変化 前号でGPIFのインデックス投資について話題にした。ESG投資以前に、メインストリーム投資で投資家は非財務情報をどのように扱っているのだろうか。 そんな関心をもっていたので、今回弊社の研究会で自動車セクターを中心に証券アナリストの実績を積み上げてきた松島憲之氏にお話を伺った。現在は三菱UFJモルガン・スタンレー証券のチーフリサーチア...

続きを読む

[第73号] もう一押しほしいGPIFのESG投資

2017年07月5日

  ●欧米主導のESGインデックス ガバナンス改革に積極的になったGPIFが、ESG投資を開始したと公表。GPIFは企業とのエンゲージメントを先導してきており、ESG投資についても牽引役になると期待される。 ではどんなESG投資をするのか?、と関心持ってみて見ると・・・。 ESGインデックスを用いた運用であり、それが「FTSE Blossom Japan Index」「MSCIジ...

続きを読む

[第72号] 会社視点のCSRから社会視点のサステナビリティへ

2017年06月12日

  ●会社の視点から社会の視点へ 最近社内の担当名称をCSRからサステナビリティに変更する企業が増えてきた。この分野をリードする企業らが率先しているので、この流れは進んでいくだろう。 両者の定義と関係については、ISO26000に明記されている。 「持続可能な発展とは、地球の生態的制限の範囲内で生活し、未来の世代の人々が自らのニーズを満たす能力を危険にさらすことなく、社会のニーズ...

続きを読む

[第71号] 自分の人生を充実させる働き方改革を

2017年05月19日

  ●働き方改革の本気度は? 政府が旗を振って進めている働き方改革。そのかけ声に応じて産業界も取り組みを進めているが、その本気度は各社まちまちだ。 好事例のトップは、ヤマトホールディングス。 荷物総量の抑制を実施し、配達員への労働環境の改善を第一にすることを明言。ここまで状態を放置していた経営幹部を処分するなど、事態を重くみて真剣に対応している。会社内のブラック部分を経営陣は認め...

続きを読む
12
サステナビリティ経営ネットワーク2016
ミャンマー経営研究会
Emerging Myanmar Now!バナー
海野みづえが語るミャンマーの最新動向 (Powered by 長田広告)

サステナビリティ倶楽部レポートメールマガジン

CSRを企業戦略として提唱している、海野みづえ(創コンサルティング代表)が発行するメールマガジンです。地球と社会が大きく変動しているなかで、経済や経営をどう持続可能にしていくかを考えレポートしていきます。購読は無料です。配信は月1回を予定しています。