価値創造につなげる戦略的CSR

戦略的CSRとは

これまでもCSR(企業の社会的責任)の取り組みは広がっていますが、要請されるから取り組むというリアクティブな基本的CSRが主流でした。
今着目されているのは、「事業戦略として環境・社会課題にチャレンジしていくことで企業価値の創造につなげる」といった「戦略的CSR」です。
本業の経営戦略のなかに社会の持続的発展を積極的に組み込んでいくことで、社会問題の解決とともにこれまでの企業経営のやり方にパラダイムシフトをもたらそうというものです。

経営にサステナビリティを包含することが、社会価値と株主価値の両方を統合した「共通価値の創造=共創」をもたらします。
日本では、企業は社会の公器、三方よし、自然や地域との共生といった考えが企業経営の根本にあり、共通価値の創造は今始まったことではなく、むしろ日本的な考えといえるでしょう。

これからの経営は、戦略的CSRの発想で事業にプラスの効果を生み、企業価値の創出につなげる「サステナビリティ経営戦略」が重要になります。p1-img

戦略的CSR 基本的CSR+コンプライアンス
企業価値の創造に焦点をあて経営戦略と直接関係づけられた活動を組み込んだCSR
持続可能な社会作りに向けて、社会価値と企業価値の両方を高める
社会の関心事項を事業活動のなかに取り込み、ステークホルダーと協力しあう透明な姿勢で取り組む

戦略的CSRの3要素

1. 新しい事業領域や市場といった成長機会の開拓

社会課題にビジネスの潜在性を見出し、リスクにチャレンジする事で新たな事業機会や価値観が創出できます。「新しい成長」の切り札はサステナビリティにあるといえます。

  • 具体的な事業領域:環境やヘルスケア等
  • 技術開発ありき(企業視点)よりも、環境・社会課題を解決のため(ステークホルダー視点)
  • これからの成長市場: 新興国や途上国では、サステナビリティの視点を持つことが重要

 

 2. 経営プロセスにイノベーションをもたらすことによる競争力の強化

戦略的CSRを実践することによって、今後の経営に必要な次のイノベーションがもたらせます。

  • サステナビリティを経営戦略のなかに組み込む、戦略発想のイノベーション
  • 途上国での技術・製品開発にもとづく、技術・製品開発のイノベーション
  • 貧困層を新たな需要層として位置づける、市場開拓のイノベーション
  • 外部の視点を経営に取り入れる、組織開発のイノベーション

 

3. ステークホルダーとの連携強化によるブランド価値の向上

地域における様々なステークホルダーとのエンゲージメントを推進することで、地域でのポジティブな評判を獲得し、このことを通してブランド価値の向上につながります。

  • 地域での評判リスクの低減のためにも、ステークホルダーとの連携は重要
  • ビジネスパートナーとの連携を強化することで、プラスの評価が得られる
  • 新興国での事業開拓では、ステークホルダーが地域のビジネスパートナーとなりうる

戦略的CSRを考えるうえでの基本3軸

戦略的CSRを打ち立てるには、事業とのリンクが第一です。事業につながっているからこそ、「特長ある」CSRが可能になるのです。
さらに自社“らしさ”を加味することで、企業ブランドへと展開していけます。

p2-img

これによって企業理念を軸にした「自社の」CSRが明確になり、社内外に訴求できます。

サステナビリティ経営ネットワーク2016
ミャンマー経営研究会
Emerging Myanmar Now!バナー
海野みづえが語るミャンマーの最新動向 (Powered by 長田広告)

サステナビリティ倶楽部レポートメールマガジン

CSRを企業戦略として提唱している、海野みづえ(創コンサルティング代表)が発行するメールマガジンです。地球と社会が大きく変動しているなかで、経済や経営をどう持続可能にしていくかを考えレポートしていきます。購読は無料です。配信は月1回を予定しています。